mobile ver.

前途多難な出発進行−多摩モノレール
(2007-12-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

  神奈川県横浜川崎の失われたモノレール跡を見てきましたが、廃線跡ばかりでなく、そろそろモノレールに乗ってみたいという衝動に駆られましたので、それらからそれ程遠くない、東京都多摩市の多摩ニュータウンへとやってきました。

 多摩ニュータウンは昭和40年代後半から開発の始まった住宅団地で、先輩にあたる大阪の千里ニュータウン、愛知の高蔵寺ニュータウンとともに、都市郊外型のニュータウンの先駆け的存在です。

 この多摩ニュータウンからモノレールが走っているわけです。ニュータウンと新交通というと、愛知県の桃花台線を思い出します。多摩はニュータウンの先駆けですから、モノレールも先駆けかと思いきや、そんな桃花台線なんかよりも、多摩の方がはるかに後輩で、なんと1998(H10)年開業という新しい路線だということにまず驚きました。

写真

 とはいえ、ここは東京です。住宅団地に公共交通が無いわけがありません。もともと多摩センターからは、京王電鉄と小田急電鉄が都心へのアクセス路線として昭和50年前後から存在していました。それとは別方向、東京都を南北に貫く形で、多摩センターから立川を経て、東大和市の上北台へと16キロに渡って走っているのが、多摩都市モノレール、通称多摩モノレールです。

 1998(H10)年に上北台から立川北までが開業し、2000(H12)年に立川北から多摩センターまでが開業し、現在の形となっています。さっそく乗ってみましょう。

 まず驚いたのは、利用者の多さ。1日平均約11万人が利用しているとのこと。桃花台線の3,000人前後とは桁が違います。そして運行本数も、通勤時間帯は1時間に9本、日中でも10分に1本のペースで運行されています。車内にも活気があります。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET