mobile ver.

夢を見続け40年・最後は朽ち果て...横浜ドリームランド
(2007-12-09)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 我が国のテーマパークの草分けとして、かつて存在した「ドリームランド」。このブログでは以前、奈良県にあった奈良ドリームランドの跡地を紹介したことがありました。私はドリームランドが営業していた頃には訪れたことがなく、廃墟としてのドリームランドを目の当たりにしただけでしたが、その感想を書いたところその記事は反響が大きく、開業当時を知る人からたくさんのリアクションをいただきました。

 今はまだ残っている、奈良ドリームランドの「夢の跡」は今後どうなってしまうのか。

 その未来を予測する上で、奈良よりも先に閉園したもうひとつのドリームランドの跡地を見に行ってきました。そこには、遊園地だけでなく、もうひとつの大きな夢があったことがわかったのですが、遊園地もそれも今はもう...。

写真

 横浜市戸塚区。ここには1964(S39)年から2002(H14)年まで「横浜ドリームランド」がありました。奈良に遅れること3年後に開業し、奈良よりも4年早く閉園したことになります。かつての姿を知る友人に案内され、「ここに横浜ドリームランドがあったんだよ」と言われたのですが、そこには大きな住宅団地とバスターミナル、横浜薬科大学と整備中の公園があるのみ。名古屋でもよくある、丘陵地の文教地区と住宅街という姿でしかありません。

写真

 しかし、横浜薬科大学を覗いてみると、何やらシンボルタワーのような建物が。図書館なのですが、それにしても変わったデザインです。実はこれ、ドリームランドにあった「ホテルエンパイア」の建物をそのまま使っているのです。そしてその近くにある大学の建物は旧ドリームボウル。大学となった今もここにはドリームランドの面影が。と言いますか、面影はそれだけしかありません。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(17)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET