mobile ver.

空想世界は非現実ではない−三鷹の森ジブリ美術館
(2007-06-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 トッピーネットでは、物語の舞台やゆかりの場所へあちこち出かけてレポートしていますが、今回は関東へと足を伸ばしてみました。まず訪れたのは、東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館」です。「天空の城ラピュタ」や「となりのトトロ」、最近では「ハウルの動く城」や「ゲド戦記」といったアニメーションを製作しているスタジオジブリの世界をイメージした美術館です。この美術館は完全予約制となっていて、予めローソンでチケットを購入する必要があります。毎月10日に翌月1ヶ月分のチケットが発売になりますが、それほど入手が困難というわけではありません。

 美術館といっても、あのジブリのことですから、夢の世界を体感できるような展示に仕上がっているかと思いきや、それだけではありませんでした。その夢を作るための現実もしっかりと直視させてくれる空間でした。

写真

 JR中央線の三鷹駅南口から、美術館行きのコミュニティバスが10分間隔で運行されています。美術館行きとはいえコミュニティバスということで、普通のバスだろうと思っていたらそうではなく、バスにはたくさんの昆虫などが描かれていて、かわいらしいデザインとなっています。でもこれはあくまでも公共のバスです。しかしそれで驚いてはいけません。井の頭恩腸公園西園の一角にある三鷹の森ジブリ美術館は通称名であり、正式には三鷹市立アニメーション美術館という公共施設なのです。2001(H13)年10月1日、市の美術館条例の施行とともに開館しています。

写真

 三鷹の森ジブリ美術館という看板のある門から入ると、受付には大きなトトロが座っています。でももちろんこれは本当の受付ではありません。右手の白い建物が本当の受付です。建物は地上2階地下1階ですが、地下部分も目視できる状態になっていて、半分埋もれたような格好になっています。しかも屋上にも庭園が設けられているので、まるで森と一体になっているかのようです。屋上にはどこかで見たことのあるキャラクターの姿も。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET