mobile ver.

世界一の美濃焼こま犬から感じよう!-八王子神社
(2013-01-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★さすが世界一!ギネス認定のこま犬です
★かわいいこま犬たちもいっぱい
★感じます...あの頃の日本

 以前、瀬戸市の深川神社を訪れた際に、鎌倉時代に作られたという陶製の狛犬が宝物殿に安置されているというレポートをしましたが、瀬戸市から程近いところに、歴史ではなく、大きさを誇る陶製の狛犬がありますので、今回はそちらに訪れてみたいと思います。

 その狛犬は世界一。なぜ世界一の狛犬がここにあるのか、陶器でどのようにして作られたのか。そもそもなぜ、世界一の狛犬が作られることになったのか。それを知ると、ああ、そんな時代もありましたよね...と、その狛犬からいろいろなことを感じられることうけあいです。

 世界一のご利益を!あの頃の日本のご利益を!新年にお願いしましょうか。

写真

神社そのものよりも...

 名古屋と瀬戸を結ぶ「瀬港線」こと国道363号線を名古屋から走ってきますと、アーバンな風景から突然田んぼに変わるのが瀬戸市へと入った合図。さらに走り続けて、今度は田んぼから山道となり、クネクネと山を越えると岐阜県です。ここまで来ると、瀬港線と呼ばれていた区間とはまったく別の道路になってしまいます。

 そして土岐市から瑞浪市への市境を越えて、右手に国道419号への分岐ポイントが登場します。国道と国道の分岐点ですが、3桁同士。しかも300番台と400番台。やはり信号機すらありません。その分岐点に、八王子神社があります。

 八王子神社の創建は不明ですが、1701(元禄14)年に再建されたという棟札が残っているとのことです。参道は国道に面していて、そこから階段を上ったところに社殿があります。

 ただ、駐車場には「世界一のこま犬」という幟がいくつも立てられており、「こま犬駐車場」という看板もあったりと、もはや、神社よりも狛犬がメインのような扱いになってしまっています。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET