mobile ver.

桜並木と人工的な川には千年の由緒-大江川緑道
(2012-04-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★西尾張の雄・一宮の桜を見に行きます
★さすが伝統ある街は地元が一体
★川が人工的過ぎるのも、千年の歴史

 愛知県の西側に広がる旧尾張国の範囲である「尾張」。この尾張という区分には名古屋市を含まないことも多く、さらに、西尾張と東尾張に分けることができます。

 その、西尾張のなかで最大の都市と言える、人口38万人を誇る一宮市へと桜を見に行ってきました。歴史ある街で見た風景は、一見人工的で風情を感じられない...かと思いきや、その人工は千年のときを経たものでした。

 かつての繁栄と今、西尾張の雄・一宮でお花見です。

写真

一宮桜まつりのメイン会場...ですかね?

 地方の都市の存在感を量るには、いつから「市」であるかが一つの指針となります。愛知県の場合、最初から市だったのは「名古屋市」のみで、その後「豊橋市」「岡崎市」「一宮市」「瀬戸市」「半田市」という順に市が誕生しています。

 これだけを指針とした場合、豊橋市が東三河の雄、岡崎市が西三河の雄、一宮市が西尾張の雄、瀬戸市が東尾張の雄、半田市が知多の雄となるわけですが、それももう80年前の話。現状の市の格とは必ずしも一致しません。

 尾張を見ますと、西は繊維の一宮市と東は陶磁器の瀬戸市ということになりますが、少し前まで、この2市が、愛知県内の10万人以上の都市のなかで財政力の弱い自治体のトップ2であり、どちらも、過去の繁栄の一方で現状は苦しい、でも歴史とプライドの高さだけはどこよりも上、という性格を持っています。

 瀬戸市育ちの自分から見ると、なんかちょっと親近感の沸いてしまう一宮市です。

 さて、そんな一宮市では「一宮桜まつり」が今年(※2012年)は3月25日から4月16日まで開催されています。

 大江川緑道、青木川、稲荷公園、浅井山公園、真清田神社、木曽川堤、尾西緑道の7ヶ所で開催されているのですが、その筆頭である大江川緑道へと行ってきました。

 あいにく、雨がパラつく曇天の平日でしたが、人出も多く、屋台もたくさん出ていて賑わっていました。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET