mobile ver.

何もかもが表情豊か...狛犬にお願い!瀬戸・深川神社
(2012-01-06)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★さすがせとものの瀬戸・陶器でしかもアート?
★神馬や狛犬の表情が豊か・狛犬に願いことを聞いてもらえます
★せと陶祖まつりの様子もあわせてレポートします

 私は生まれは名古屋ですが、物心ついた時から瀬戸市で育っていますので、幼い頃から初詣にはよく「深川神社」へと親に連れてこられました。参道には、どう見ても地上なのに「地下街」という名の商店街があり、境内に瀬戸で唯一のビジネスホテルがあるという、なかなか興味深い神社だとは以前から思っていたのですが、改めてじっくりとお参りをしますと、なんと個性的で表情の豊かな神社であることか。さすが、せとものの瀬戸。瀬戸の産土神です。

 自分が育った街の神様ということもあるのでしょうか、昨年は深川神社に初詣をさせていただいたおかげで、いい一年を過ごすことができました。そこで今年も、お願いしたいと思います。また、この深川神社の境内にある陶彦社に祭られている「陶祖」加藤四郎左衛門景正(藤四郎)をしのぶ「せと陶祖まつり」の様子もあわせてレポートします。

写真

毎年ものすごい行列ができます

 深川神社の前にあります、その名も「宮前駐車場」は無料でして、元日にはいつも駐車するのに車の行列で待ち、さらに、お参りをするにも長い行列に並ぶのが恒例行事となっています。やはり、瀬戸の人にとっては深川神社は特別な存在です。

 その参道にあるのが「宮前地下街」です。全国ネット番組も含め、テレビなどでも何度も取り上げられ、なぜこれが地下街なのか?と話題によくのぼりますが、通説としては、駐車場を地上として、その下にあるから地下街ということになっていますね。

 やっと地域全体で取り組むことがきまった瀬戸焼きそばにうなぎと、参道グルメでも有名です。

写真

神馬も狛犬も表情に注目です

「たいやき」や「たません」の屋台を越えて、二の鳥居のある階段を上ると、両側にそれはまるで狛犬のように神馬がいます。筋肉の質感がリアルでとっても躍動的であるだけでなく、その表情のリアリティにひきこまれます。馬の目の持つ優しさがとてもよく出ています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET