mobile ver.

乙川と岡崎公園でお花見−岡崎の誇りは半端じゃない
(2009-04-03)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★1700本の桜はもう満開直前(09/4/2現在)
★岡崎の人はアトラクション大好き?
★自尊心溢れすぎる川柳に驚愕!

 先週、足助の香嵐渓へと桜を見に行った記事を書きましたが、残念ながらお花見気分にはなれませんでした。そこで今週は、4月2日現在で「七分咲き」という情報が出ていました、岡崎市の岡崎公園へと行ってきました。

 岡崎には父方の在所があり、幼い頃は結構よく訪れた地だったので、思い出深い地です。あの頃は、中心部の都会さ加減に圧倒されたものですが、あれから20年以上の時間を経て、岡崎はどう変わっているか...と思ったら、何も変わっていないことがありました。それは20年どころではなく、今後数百年経ったとしても、きっと何も変わらないでしょう。

 桜と岡崎の心意気に圧倒されたお花見レポートの始まりです。

写真

西三河で桜といったら岡崎

 岡崎市の岡崎公園一帯では、毎年4月上旬に「岡崎の桜まつり」が開催されています。岡崎公園は岡崎市の中心部にあるため、普段は有料駐車場しかないのですが、まつり期間中は岡崎公園の南側を流れる乙川の河川敷などが無料駐車場として開放されていて、とても便利です。

 乙川左岸駐車場に車を入れますと、目の前には満開近い桜がずらっと。この日は風がものすごく強かったのですが、まだ桜の花びらが散ることはありませんでした。その代わり、河川敷の砂埃は半端なものではありませんでしたが。

写真

この人道橋は常設ですか?

 桜まつりの会場は、乙川右岸の岡崎公園一帯ですので、川を渡らないといけません。すると、川面スレスレのところに設置された人道橋が現れました。車の通る橋を渡るには、河川敷から堤防上まで上る必要があるので、この橋は便利です。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET