mobile ver.

由緒あるホテルでティータイム-蒲郡プリンスホテル
(2010-12-18)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★格式が高すぎて正面からは...という方のために?
★近代産業遺産に認定されています
★蒲郡らしいスイーツと風光明媚な風景で優雅なひととき

 これまで何度か蒲郡には観光に来たことがありまして、この竹島周辺では、今回は訪れていませんが、竹島水族館にも、フラワーパーク・蒲郡ファンタジー館にも行ったことがあり、竹島海岸で潮干狩りもしたことがあるのですが、一度も行ったことがなかったのが「蒲郡プリンスホテル」です。

 蒲郡プリンスホテルといえば、「蒲プリ」と呼ばれ、格式の高さと由緒で知られており、テレビの旅番組などでも扱いが何ランクか上という空気がいつも伝わってきます。なので、今回も最初は立ち寄るつもりが無かったのですが...。

 ツイッターでフォロワーさんから「せっかく蒲郡にいるのなら、蒲郡プリンスホテルでコーヒーでも飲んだら?」と言われ、海辺の文学記念館でも「ぜひ蒲郡プリンスホテルも見て行ってください」と言われ、背中を押されましたので、思い切って行ってみることにしました。

写真

正面からは...え...この階段が近道?

 海辺の文学記念館の方のお話によりますと、蒲郡プリンスホテルは近代化産業遺産に登録されており、特に宿泊や食事をするわけでもない人でも、ロビーなどは自由に見学できるとのこと。しかし、お客でも無いのに正面から堂々とは...と思ったら、文学記念館前から徒歩で行ける近道の裏道があるそうなので、そちらから行ってみることにしました。

 すると、蒲郡プリンスホテル2階にある喫茶店の広告看板が。「この景色が一望できる喫茶」「お気軽にご利用ください」という文字ははっきりと読めるのですが、肝心の「この景色」の写真が剥げ落ちており真っ白。どういう景色が見られるのかは全く伝わってきませんでしたが、喫茶をお気軽にご利用くださいという気持ちは伝わってきて、ホッと胸を撫で下ろし、コーヒーでも飲んでいこうかという気に...いや、こういうところはコーヒーだけでもいくらするのか...という不安が。

 では、その蒲郡プリンスホテルへの近道という、蒲郡南部市民センター脇にある階段へと、鳥居をくぐって足を進めます。本当にこの先にあるの?という階段でしたが...。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET