mobile ver.

足助で東海最速のお花見!?(2)...旧街道で念願叶う?
(2009-03-28)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 桜の開花情報サイトにて、東海3県のなかで3月26日現在、最も開花が進んでいるという表示を見てやってきた、豊田市足助地区の香嵐渓。前回は、白くてカワイイ二輪草や、ちょっと終わりかけのカタクリの花、そしてポツンと寂しく咲く桜をご紹介しました。

 まあ、開花状況は確かに進んでいましたが...。

 香嵐渓には、桜の木自体が数える程度しかなく、お花見という風情は全くありませんでした。でも、この足助地区の桜が他に比べて早く咲いているという情報は間違っていません。そこで、桜を求めて旧飯田街道の足助宿跡にある昔の街並みへと行ってみました。

 おお!咲いてる!

写真

宿場町と桜

 古い町並みが今も残る旧飯田街道は、その名の通り名古屋から飯田へと繋がっていた街道で、徳川家康が整備したものです。名古屋から塩を運んだことから「塩の道」とも呼ばれました。その塩を背中に乗せて運んでいた馬たちは、信州の馬稼ぎ人たちによるもので、その馬稼ぎ人たちが「中馬」という組合を作っていたことから、「中馬街道」という別名もあります。

 その中馬街道の宿場町であった「足助宿」周辺には、今も古い街並みが残されていて、その入口には常夜灯があり、往時の様子を思い起こさせます。足助宿は1775(安永4)年に大火事に見舞われ、火災防止の神として知られる秋葉山大権現を信仰する人々が、この常夜灯を1799(寛政11)年に建立し、現在まで残されています。

 常夜灯の横には、もうまもなく満開を迎えるであろう桜の木が。そうですよ!こういう風景を見に来たんですよ。でも...。

 写真で見ると見事ですが、やはりここもポツンと数本あるだけで、お花見という雰囲気ではありません...。

写真

 古い街並みを歩きますと、お祭りの時に曳く山車が保管されている「西町郷蔵」が見えてきます。蔵の白が鮮やか。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET