mobile ver.

文人の面影はあれれ?竹島ぱるく・海辺の文学記念館
(2010-12-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

★昭和のおみやげ街は現在進行形で...
★文人と蒲郡そして未来の自分へ?
★面影はその窓の向こう

 前回は、三河湾に浮かぶ歩いていける島「竹島・八百富神社」を見てきましたが、今回はその対岸にある竹島園地周辺をぶらぶらしてみようと思います。実はここ、文人たち縁の場所として知られており、多くの作中に登場しています。その風景を未来に伝えようという心意気はわかるのですが、残っているのは...あれれ?

 かつては鉄道唱歌に歌われた景勝地、竹島海岸には次々と老朽化の波が押し寄せています。変わらない竹島海岸、変わらざるを得ない竹島海岸。そんな空気を感じながら散策してみます。

写真

なぜ対岸にも?そうか!

 竹島橋を渡って島から戻ってきますと、その先に、八百富神社の社殿のような建物があります。はて、神社は竹島そのものに勧請したはずなのに、なぜ対岸にも社殿があるのかと思ったら、これは遥拝所。かつてはここから島に向かってお参りをしたということでしょうね。橋が架かっていなかった頃は、船が無ければ本殿に参拝できなかったわけですものね。

 さて、まずは緑が海の青さと対比されて美しい、竹島橋のたもとに広がる芝生広場へと行ってみます。ここは三河湾国定公園「竹島園地」でして、前回見かけた藤原俊成像を中心に、俊成苑として整備されており、その先にはホテル竹島が見えてきます。ホテル自体は立派で大きく、古さを感じさせることはないのですが、ぜひとも訪れて欲しいのが、その北側にあるお土産店街です。

写真

昭和45年の空気に触れられそう!

 ホテル竹島の北側にあるのは、1970(S45)年に完成したドライブイン「竹島ぱるく」です。ここには1956(S31)年に開館した歴史ある「竹島水族館」もあり、多くの名古屋っ子は遠足や子ども会などで訪れたことがあるであろう観光スポットです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET