mobile ver.

水は流れる、そして時も流れる...真清田神社
(2009-01-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 初詣に行ってきました。トッピーは伊勢神宮の番組を毎年楽しみにしているくらいだから、当然伊勢神宮に行ったんでしょ?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、私は伊勢には静かなときに行きたいと思っているので、初詣は地元の神社に行くことにしています。

 それで毎年、地元の神社と言ってどこにお参りに行こう...となるわけですが、以前から当サイトによくいただくご指摘のなかに、「西尾張の記事が少ない」というものがあります。そこで今年は、地元で最も社格が高い「一宮」に行くことにしました。その名も一宮市にあります、尾張国一宮の真清田神社です。

 いや、ほんと、これまで顔を出さずにすみませんでした...と、そんな気持ちでお参りです。そこで感じたものは「流れ」。

写真

水と川といえばやっぱり龍神

 真清田神社へは、尾張一宮駅から商店街を通って、北東へと歩いていくことになります。楼門を越えてまずは手水舎で清めて...と、そこにいるのは大きな龍。手水舎の水が龍の口から流れていることはよくありますが、それにしてもこの龍、カッコイイ。

 実はこの龍、「吐水龍」といいまして、最初はあの瀬戸市定光寺に眠る尾張藩祖・徳川義直が、天気を司る龍神を象徴として、五穀豊穣と天下泰平を祈願して奉納したものです。しかしさすがに350年以上が経過して痛みが激しくなったため、1996(H8)年に現在の龍神と交代しています。

 さすが尾張国一宮です。手水舎から尾張藩の歴史が登場です。

写真

人間の全ては水から

 その先に、復興された井戸である「神水舎」があります。この井戸の水には伝説が残されていて、白川天皇が1077(承暦元)年に眼病を患い、どんな治療を施しても治らなかったにもかかわらず、龍の夢の導きによってこの井戸水で目を洗うと、たちまち治ったと伝えられているのです。また、明治天皇もこの水でお茶を召し上がったという記録もあるとのこと。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET