mobile ver.

地元住民が里山再生−定光寺ほたるの里一般開放
(2010-06-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★地元住民がホタルを養殖
★天候コンディションはよくありませんでしたが...
★雨のなかでもフワフワ

 かつて20〜30年前くらい前までは、名古屋の郊外であれば、ちょっと綺麗な小川でホタルを鑑賞することができたものでしたが、水のよごれ、河川護岸のコンクリート化などによって、ホタルの生息できる環境はどんどん減少し、ふと乱舞するホタルを目撃...というようなことはすっかり無くなってしまいました。

 そんななか、地元の住民団体が民間の休耕田を利用して、ホタルが生息できる環境を作り、そこでホタルの繁殖を進める活動を行っている施設が瀬戸市にあります。「定光寺ほたるの里」です。

 毎年、一週間だけ一般開放を行っていると聞き、行ってきました。

写真

全て地元の方の手づくりです

 定光寺ほたるの里は「定光寺自然休養林」のなかにあり、今から13年前の1997(H9)年、「市民による里山の保線と活用」の研究を、2005年日本国際博覧会協会から瀬戸市の市民団体が委嘱され、ホタルの復活に取り組み始めたのがスタートです。

 その翌年に整備が始まり、その次の年にはホタルが飛び交う様子が確認され、一般公開もされるようになりました。その後もバリアフリー化、新しい棚田の造成など、地元企業の協力もあり、その規模は次第に大きくなり、テレビや新聞などでも大きく取り上げられたことから、毎年の一般開放には多くの人が訪れるようになりました。

写真

この時期だけ看板が設置されています

 今年、2010(H22)年の一般開放は6月13日(日)から20日(日)の8日間で、それぞれ午後6時から9時の3時間となっています。それにさきがけ、この「ほたるの里」を運営している「定光寺ほたるの里の会」の会員には会員開放日が設定されていて、会員になるとゆっくりと見られるようになっているそうです。

 瀬戸市街から定光寺へと抜ける県道沿いに大きな「定光寺ほたるの里」という看板がある入口がありますが、こちらからは入場することができず、裏側から駐車場に入る格好になります。ちょっとわかりにくいですが、この一般開放期間中だけは案内看板があちこちに設置されています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET