mobile ver.

明知と明智−明知鉄道沿線の旧郡部をぶらり
(2010-04-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >

★新設・極楽駅で癒される?
★女城主そして大正ロマン
★なぜ明知鉄道で明智駅なのか勝手に考える

 さて先日、「NAGOYA NOW」のコーナーにて、岐阜県の明知鉄道でDVM実証実験が行われたというレポート「線路から道路そして未来へ...DMV実証実験-明知鉄道」を掲載しましたが、その際に、もちろん明知鉄道沿線をあちこち見てまいりました。

 せっかくですので、今回は明知鉄道が走る町の様子をお届けしたいと思います。特に、現在は合併して恵那市となっていますが、5年半前の2004(H16)年10月まで恵那郡であった、恵南地区の町を中心に、これぞ東濃の山間部という風景とともに、歴史を感じさせる街並みを見て、進み行く過疎化を感じながらも、その環境下で頑張る明知鉄道の奮闘ぶりに注目です。

写真

かつては恵那市と郡部を結んでいた

 明知鉄道の歴史は古く、1934(S9)年に国鉄明知線として開業し、1985(S60)年11月16日に沿線の自治体が出資する第三セクターの「明知鉄道」が運営を引き継いでいます。

 明知鉄道明知線は、JR中央本線と接続されている恵那駅を出発し、いったん中津川市へと入った後、再び恵那市内へと戻っているのですが、5年半前まではそこは恵那市ではなく、恵那郡の岩村町、山岡町、明智町と2市3町を結んでいました。

 終点の明智駅を含めて、他の鉄道路線とアクセスしているわけでもなく、恵那市になったとはいえ、主に旧郡部である東濃の山間部を走る明知鉄道の置かれた状況は厳しく、利用者数は右肩下がりです。また、沿線に観光地は点在しているものの、列車の本数も少なく、観光地も駅から距離があることから、鉄道を使って観光地を巡るのは難しく、逆に明知鉄道そのものが観光資源になるようにと、明知鉄道は様々な話題づくりを行っています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 8 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET