mobile ver.

村人と熊野古道の旅人を救った権兵衛さん-宝泉寺
(2010-02-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★人食い大蛇との格闘
★今も残るズンベラ石
★優しさと勇気を兼ね備えた男だった

 前回は、種まき権兵衛さんのお話を中心として、日本庭園を整備した「種まき権兵衛の里」をご紹介しました。その程近くにはその権兵衛さんの菩提寺である宝泉寺があります。

 畑に種をまく時に、カラスにほじくられて食べられても、決して追い払うことのなかった権兵衛さん。実は権兵衛さんはただのお人よしなお百姓さんというわけではありません。権兵衛さんによって村の人々は安心して農業ができるようになり、また、熊野古道を行きかう旅人への危険も取り払われたのです。権兵衛さんの命と引き換えに。

写真

種蒔権兵衛門菩提寺

 種まき権兵衛の里から東へ少し行ったところに、便ノ山の集落があります。そんな集落のなかにある宝泉寺。行ってみると、そこには大きな看板に「種蒔権兵衛菩提寺」の文字が。間違いありません。

写真

鉄砲にのめりこんだ権兵衛さん

 宝泉寺には、権兵衛の胸像や、権兵衛が使っていたという火縄銃、鹿笛、そして歌にも登場するズンベラ石が奉納されていてます。

 権兵衛さんは農民にもかかわらず、なぜ火縄銃を持っていたのかといいますと、もともと父・上村兵部は侍で、砲術の心得もあったからのようです。しかし、兵部は侍をやめ、この地へと寺子屋の先生としてやってきています。

 権兵衛さんは母親の農業を手伝っていたのですが、村の田畑を荒らす猪や鹿などをその火縄銃で退治すると、村人たちに大喜びされ、気を良くしてどんどん鉄砲の腕を磨き、狩猟を好むようになっていくのです。

 その時に使っていたのが鹿笛です。メスの鹿の鳴き声のような音が出て、吹くとオス鹿がたくさん現れたのです。

 そして歌にも登場するズンベラ石です。「でこぼこしていないのっぺりとした石」という意味のズンベラ石を、権兵衛さんはお守りとして持ち歩いていたようで、これが後に大きな役割を果たします。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET