mobile ver.

牡蠣!温泉!干物!もうたまらん...紀伊長島
(2010-02-02)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★私たちは牡蠣づくしコースを選びました
★貸切温泉露天風呂でしっかり温まろう
★朝食がびっくり!なんて贅沢な気分...

 今回、東紀州を旅するに当たって迷ったのが「宿」でした。せっかくなので熊野に泊まろうかとも思ったのですが、熊野は熊野古道が世界遺産登録の際に、その宿の少なさが問題になったほどで、今は増えつつあることはあるのですが、私たちには海の幸と温泉を満喫したいという思いがありましたので、手前の紀伊長島に宿泊することにしました。

 やってきましたのは「千年の里kodo・ホテル季の座(ときのざ)」。

 そのネーミングにいささか「?」であるのとともに、「本当にこの先にあるのか...?」と思わせるような道中でしたが、いやぁ...想像以上の満足でした。

写真

暖かい抹茶でお出迎え

 国道42号線を走っていますと、そのネーミングの通り「千年の里kodo」という案内標識が現れました。しかもしれは私設のものではなく、立派な道路標識。どうやら、千年の里kodoというのはホテルだけでなく、プールやキャンプ場などが整備された一大リゾート地を指すようです。

 私だけでなく、相方もそう思ったのですけど、こんな表記をされるとどうしても「kodo」の部分を外国人っぽく言いたくなってしまいますよね...。

 案内標識に従って進んでいくと...陽が既に沈んで真っ暗ということもあって、「本当にこの先にあるのか?」という雰囲気、さらに冬場の夜に見るプールやキャンプ場というのはこれまた寂しい...。

 無事、その先にホテルはありました。それまでずっと風に吹かれながら海岸沿いを散策していた上に、暖房の効きにくいハイブリッド車ということもあって、暖かい抹茶で迎えていただきまして、落ち着きました〜。

写真

楽しみな晩ご飯ワクワク

 まずは一度お風呂に入って体を温めて、お楽しみ晩ご飯です!

 私たちが予約したのは「牡蠣づくし&伊勢エビ付きプラン」です。食事は個室プランではなかったのですが、ちゃんと仕切られているうえに、落ち着いた感じでゆったりと食べられます。もちろん、浴衣でも大丈夫。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET