mobile ver.

往来は今も激しいけど...隣り合う寂しさと温かさ−名張中町
(2009-01-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 前回は、名張の発展の礎を築いた名張藤堂家の祖・藤堂高吉の翻弄された人生と、その邸宅跡に残された戦国時代の悲しい無縁萬霊塔についてお話しました。どちらかというと暗い話になってしまいましたので今回は、明るい気分を求めて、旧初瀬街道の宿場町風情と城下町の賑わいを感じようと思います。

 総合福祉センター「ふれあい」から、城下川を大手橋で越えると、その先の交差点の直進と右手が旧初瀬街道ということになるのですが...。

 明らかに、負のオーラを左手から感じます。街道散策の前に、一応と言ってもいい程の存在となっているアーケードの方向へと足を進めてみます。

写真

上本町サンロードはすごい...

 そのオーラはただものではありませんでした。これまで私は名古屋を中心にたくさんの商店街を散策してきましたが、ここまでの衰退ぶりにはちょっと驚きを隠すことができませんでした。

 まさしくシャッター通り。歩いているのは学校帰りの小学生だけ...。その降ろされたシャッターが、果たしていつ降ろされたのかも推測できないような、市内局番が一桁の看板などがそのまま放置されています。

写真

 もちろん、開いているお店もポツポツとはあり、薬局には「頭痛、頭重によい薬あります、ご相談下さい。」と書かれた幟が。

 このあたりの店主さんの頭痛や頭重は、薬で治る類のものではないような気がしてなりませんでした...。

写真

体を温めよう!

 暗い話の後に、さらに「ザ・衰退」という風景を見せられ、すっかり冷え切ってしまった心と体。でも名張のこの界隈には、そんな体と心を温めてくれるお店があります。ご紹介していきましょう。

 上本町サンロードのなかに、真新しい温泉マークの看板と、年季の入った建物というアンバランスな佇まいを見せる銭湯があります。「常盤湯」です。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET