mobile ver.

鬼のせい?鬼のおかげ?今も鬼...いるね−鬼ヶ城
(2010-02-01)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

★熊野市が力を入れる観光の玄関口
★鬼のせいで?鬼のおかげで?
★大迫力!写真に収めようとすると...大変なことに

 前回は、自然の力によって岩が獅子のような形に削られた獅子岩と、人面のような形に削られた神仙洞を見ました。かつては神と仙人がいたようですが、岩に白ペンキで直に書かれた文字を見て、今はもういないだろうな...という気分のところに、次は「鬼」です。

 かつてトッピーネットでは、桃太郎が鬼退治に向かったと伝えられる岐阜県可児市の鬼ヶ島をレポートしたことがありましたが、ここ熊野にあるのは「鬼ヶ城」です。

 どんな鬼の伝説が残されているのか...国道42号を北へと向かったのですが、そこは本当に入口からして恐ろしい場所でした。

写真

トンネル出口に鬼はいる

 鬼ヶ城の入口にある観光施設「鬼ヶ城センター」へは、国道42号から直接曲がって進入することになります。北からやってきた際にはトンネルの手前で左折と、難なく入ることができるのですが、私たちのように南からやってきてしまうとこれが怖い。

 なぜなら、鬼ヶ城トンネルを出た瞬間に右折しなければならないのです。しかも、右折ラインどころか信号機すらありません。さらに、このときにはすぐ後ろに後続車がいなかったので、「お願いだから追突しないでくれ〜」と一心に願いながら対向車が過ぎ行くのを待ちました。

 しばらくしてやってきた後続車は、無事私たちの車の存在に気づいてくれて、追突されることなく右折できました。目的地が鬼なだけに本当に怖かった。右折した瞬間に赤鬼がお出迎え...いや、どう見ても、出迎えてくれている表情ではないね。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET