mobile ver.

一対で阿吽のはずが無かったことに?-獅子岩・神仙洞
(2009-12-29)

< ページ移動: 1 2 3 >

★自然の力で生み出された獅子
★獅子とゴリラで阿吽の呼吸?
★俺のものは俺のもの

 さて前回は、日本書紀が記された時代から変わらず続くお祭りのある花窟神社を訪れましたが、続いては、その神社から北へ数百メートル行ったところにあります、こちらは逆に、姿を変えたことで見事となったものを見たいと思います。

 獅子岩です。

 獅子岩は、日本のスフィンクスとも呼ばれていますが、スフィンクスとは違い、人工的に作られたものではなく、地盤の隆起と波の浸食によって形作られたものなのです。その自然の造形美に感激...と行きたいところなのですが...。

写真

獅子と...ゴリラ?

 獅子岩(巌)は、高さ約25メートル、周囲約210メートルの岩塊で、海に向かって獅子が吠えるような形をしています。口の部分は見事な牙のようにも見え、また、表情も感じ取れるほどで、これが自然の力によるものであることに驚くばかりです。

写真

 そして獅子岩のすぐ南側にあるのが、人面岩こと神仙洞です。人面岩とのことですが、どう見てもゴリラの横顔のように見えてしまいます...なんて言ったら、バチが当たってしまいそうですね。

写真

 と言いますのも、この獅子岩と神仙洞の人面岩は、熊野市井戸町にあります大馬神社の狛犬に見立てられていまして、二つで阿吽を表しているそうなのですが...。

写真

神仙洞は観光スポットではない?

 私たちは今回の東紀州探訪に備えて、それなりに下調べをしてきたのですが、この獅子岩はどのガイドにも掲載されていて、メジャー扱いになっている一方で、神仙洞は全くといっていいほど紹介されておらず、ガイドによっては、大馬神社の狛犬として説明されているのが獅子岩だけというものもありました。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(6)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET