mobile ver.

神の力と神わざ・御神体に触れる...-花の窟神社
(2009-12-28)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★日本最古の由来を持つ神社
★御神体に触れることができる!?
★奈良時代から続く例大祭とは

 今回の旅の目的は、ウミガメとふれあうことでしたので、初っ端にそれを達成してしまったわけですが、三重県好きな私でも、東紀州エリアまでやってくることはなかなか無いので、せっかくなので1泊して、熊野から紀伊長島にかけての興味深いスポットを見て回りたいと思います。

 まずやってきましたのは、日本最古の神社として伝えられ、国の史跡ともなっている「花窟神社(はなのいわやじんじゃ)」です。この神社には最古らしい、他にはあまり見られない特徴があるといいます。一体どんな神社なのでしょうか。

写真

旅人への警告は現代にも通ずる

 花窟神社の前には、地元の方たちが運営する茶屋「花の岩屋」と、駐車場があり、その横に古そうな道標があります。「口有馬道標」です。この道標には「右 くまのさん志ゆんれい道」とあり、熊野西国巡礼者や熊野三山を訪れる旅人に向かって、右に曲がるようにと案内しているものです。

 右に曲がらずに海岸線に沿って浜街道を歩いていきますと、眺めもよく松林が続いているのですが、その先にある志原川は「親知らず子知らず」と呼ばれ、旅人は河口を歩いて渡らなければならず、多くの人が波にさらわれ、帰らぬ人となったのです。今もその松林には、巡礼供養碑が残されています。

 この熊野灘では、1876(M9)年には海軍の軍艦「雲揚」が座礁し沈没するなど、その後も海難事故が発生するほどに荒れることがあり、2009(H21)年にもフェリー「ありあけ」が座礁するなど、今日もその荒々しさを私たちに見せ付けてくれます。しかしそれは時に美を創り出すことも...それは次の場所でお話することにしまして、話を花窟神社に戻しましょう。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET