mobile ver.

そば食べてまつりで花を奪え!−道の駅きりら坂下
(2008-10-11)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 午前中にラジオを聴いていますと、たびたび話題になる中津川市の道の駅「きりら坂下」。以前一度立ち寄ったことがあったのですが、なんと運悪くお休みでした。すると先月の岐阜新聞に、10月中旬になると中津川ではソバ畑が収穫の季節を迎え、きりら坂下で蕎麦として出されるという記事を見かけたので、ちょっと早いかな?という気がしたのですが、蕎麦を食べに行ってきました。

 坂下は10月のこの季節、蕎麦だけでなく勇壮なお祭りでも有名です。お祭り当日には行けませんでしたが、きりら坂下でその祭りを垣間見ることができました。さらには、さすが蕎麦を作っているだけあります。ある条件さえ守れば蕎麦のあれを無料で持ち帰ることができます。ある条件さえ守れば...。

写真

あっちもこっちも中津川

 国道19号を走ります。かつては長野県だった旧山口村地区に入ると、左手に立派な橋が見えてきます。「弥栄橋(いやさかばし)」です。その名は旧山口村出身の小説家、島崎藤村が名づけたもので、最初に架けられたのが1932(S7)年。現在架かっているのは二代目で、1995(H7)年に開通したものです。

 長年、長野県山口村と岐阜県坂下町の架け橋となっていましたが、2005(H17)年2月に坂下町、山口村ともに岐阜県中津川市に編入され、橋の両岸ともに同じ自治体となりました。

 そしてその弥栄橋を坂下側に渡ったところにあるのが、「道の駅きりら坂下」です。普通、道の駅といいますと地名だけのところが多いのですが、「きりら」とは一体?実は深い意味があるのです。

写真

記念碑が馬?

「きりら坂下」のきりらとは、「木曽リバーライトサイド」の略です。うーん。ちょっと待ってよ。ライトサイドってそれは北側から走ってきた時だけですよね?でも通常、川というのは上流から見て右岸左岸が決まるからいいのか...。「ウエストサイド」の方がわかりやすくない?

「きりう」語呂悪いな。

 そんなきりら坂下に到着して、まず目に入ってきたのが、馬の背中になんか派手な装飾が施されている像。しかも「弥栄橋竣工記念」と書いてあります。竣工記念碑が馬?

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET