mobile ver.

今、聞きたいチベットのこと−強巴林(チャンバリン)
(2008-04-11)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 チベット問題をめぐり、連日ニュースで様々なことが報道されていますが、中国は外国メディアを一切排除するなど、一体何が起こっているのかわからない状態です。そんななか先日、関西テレビの番組で、このような放送がありました。

 チベットが今どうなっているのか、そもそもなぜチベットは中国なのかも理解できていなかった私ですが、この問題が重大な問題であることはすぐに理解できました。そして、私はこの問題に関して、あまりにも無知であるということを痛感しました。

 名古屋には、日本で唯一のチベット仏教寺院があります。何かお話が聞けるのではないかと思い、訪れてみることにしました。そこで、チベットの方の生のお話を伺うことができました。実情は、今、同じ地球上で起きていることなのかと、唖然としてしまうほどのもので、このままではチベット文化が消滅してしまうのではないかと思えるほどでした。

写真

日本人唯一のラマ僧のお寺

 守山区にある倶利加羅不動寺。このお寺は、倶利迦羅不動明王を本尊として祀っています。ダライ・ラマ法王が亡命した後に、チベットにおいて仏教の最高権威であったボミ・チャンバ・ロドロ師に、外国人として直接受戒した森下永敏住職は、一週間の石室断食行を女性として初めて成功した方でもあります。

写真

 倶利加羅不動寺は名古屋唯一の修験道場であり、境内には不動心の滝があり、精神鍛錬の場となっています。また、体験修行会や護摩供養なども行われています。その倶利加羅不動寺のすぐ横にあるのが、日本で唯一のチベット仏教寺院である「強巴林(チャンバリン)」です。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(6)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET