mobile ver.

フィクションなお城?で満開お花見−墨俣一夜城
(2008-04-06)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 今年は桜が開花してから気温の低い日が続き、桜の花が長持ちしていますね。そんななか、今年のお花見はどこにしようかな...と考えまして、どうせなら縁起の良い場所にしよう!ということで、あの名古屋っ子を代表する出世頭、農民(足軽)から天下統一まで上り詰めた、豊臣秀吉が出世の足掛かりとした場所へと行ってきました。

 それは岐阜県大垣市の墨俣一夜城。長良川と犀川がぶつかる場所にあります。しかし、現在ある墨俣城はただのイメージで虚構とのこと。

 秀吉の出世の足掛かりとは何か。そしてなぜ「一夜城」なのか。さらには、語り継がれるエピソードが残る城址に、なぜ再現ではなくフィクションのお城が建っているのか。お花見をしながら紐解きます。

写真

3つある大垣市

 大垣市の墨俣城と聞いて、あれ?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。墨俣町はかつて単独で存在していましたが、2006(H18)年3月27日に大垣市と合併しています。面積は小さく、合併前のたった26日間に限ってですが、日本一小さな自治体でした。墨俣町は旧大垣市とは接しておらず飛び地となっています。また、同時に大垣市と合併した上石津町も大垣市とは接しておらず、大垣市は日本で唯一の二重飛び地の自治体となっています。

 国道21号を各務原方面から走っていますと、直進は本体の大垣市、そして左折は墨俣の大垣市と、直進にも左折にも「大垣」と書いてあり、一瞬どっちだ?どっちだ?と思ってしまいます。

写真

無料駐車場完備は嬉しい

 墨俣城へは公共交通ですとバスしかなく、地図を見ると川のぶつかる場所にあり、橋がいくつもあることから、車で行くには渋滞や駐車スペースの確保が困難そうで躊躇してしまいそうなところなのですが、お花見シーズンには特設駐車場が設けられており、「花見客P」という案内をたどっていくと無料駐車場へと到達できます。本当にありがたい。意外と三重ナンバーが多かったのが驚きでした。確かに、桑名方面からならアクセス良好ですものね。むしろ私のような尾張小牧ナンバーが僅少でした。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET