mobile ver.

「梅を見ようよ」切実な願い?−いなべ市農業公園
(2008-03-22)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 春の陽気に誘われて、名古屋では桜の開花のニュースが聞こえてきましたが、まずは桜の前に、梅を見ておかなければということで、春の陽気とは全く言えない冷たい雨が降った20日春分の日に、東海地方で最大級の梅園があるという三重県いなべ市の「いなべ市農業公園」へと行ってきました。

 場所はいなべ市の旧藤原町。三重と岐阜と滋賀の県境近くで、地図を見るとかなりすごい場所にあるのですが、実際は想像をはるかに超えていました。しかも、梅園なのに梅を見ない人がいるのか?という謎の看板が...。

写真

不安にさせません!山道の配慮

 大垣市と言われてもピンとこない、飛び地となっている大垣市上石津町を国道365号線で南下します。旧上石津町の中心部を越えると、コンビニどころか住宅も何も無いエリアに突入。本当にあるのか...と疑問になるほど。

 すると、「梅林公園左折」という大きな看板があって、ほっと胸をなでおろします。しかし曲がった先は、今度こそ本当に何も無い山道。走る車の姿もありません。不安に...。

 でもやっぱりその自覚があるのか、不安になりそうになる要所要所に「梅まつり」の幟が。到着したお昼過ぎには雨も止み、雲間から鈴鹿山脈が見えてきました。そして予想外にたくさんの見物客が。どうやら皆さん、三重県側から来てる人ばかりのようです。

写真

東海エリア最大級4500本

 いなべ市農業公園の梅林公園は、100種類4500本と、その規模は東海エリア最大級。3月8日から30日までは「梅まつり」が開かれていて、休日には特別イベントが開催されています。

 この日は、三岐鉄道西藤原駅から「梅まつりウォーキング」が行われていましたが、地図を見る限り、直線距離で7キロ以上あります。どう見ても気軽にウォーキングという距離ではありませんよね。しかも起伏も激しい...。パンフレットを見ると、11キロ3時間コースとのこと。しかも午前中は雨でしたから、これはもはや高地トレーニングですね。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET