mobile ver.

名古屋開府400年・当時のトップは瀬戸に眠る−定光寺
(2008-03-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 2010(H22)年は名古屋開府400年ということで、先日は初めての名古屋検定となる「第1回なごや四百年時代検定」の試験も行われ、名古屋城本丸御殿の復元事業など、節目に向けて名古屋市は、裏金問題に揺れながらもあの時代に思いを馳せる事業を進めています。

 じゃあ、400年前まではどこが栄えていたの?と思いますよね。それまでは清須市がこの地方の中心地で、さらにその昔は稲沢市が中心でした。それが1610(慶長15)年、徳川家康によって行われた街全体のお引越し「清洲越」によって、名古屋が中心になったのです。

 そして、その名古屋で初めてトップに立った人物は、名古屋市内ではなく、意外にも瀬戸市に今も眠っているのです。二代目以降は名古屋に眠っているにもかかわらずです。しかも、本人の意思で瀬戸にお墓が造営されたとのこと。なぜ瀬戸を選んだのか、瀬戸に住んでいる私としてはとても気になります。というわけで、今も残るそのお墓へと行ってきました。

写真

未踏の地にハマってしまった

 やってきたのは瀬戸市の定光寺。定光寺と言いますと、紅葉の名所やホタルの観察地として知られていますが、春日井市の高蔵寺と同様に、その名を地名として認識されている方も多いのではないでしょうか。

 定光寺は、1336(建武3)年に創建された臨済宗妙心寺派のお寺で、境内には桜やもみじの木が多く、お花見そして紅葉のスポットとして「尾張嵐山」とも呼ばれ、人気があります。

 開山したのは覚源禅師。当時この場所は人跡未踏の地。なぜそんなこの場所にお寺を創建したのでしょうか。覚源禅師は諸国を遊歴したのですが、この、人跡未踏の地にやってきた際、すっかり心惹かれてしまい、日頃から信仰していた延命地蔵菩薩とともに坐禅をし始めたのだそうです。すると、その噂を聞いた多くの人々が、覚源禅師に教えを請いたいとやってきたために、その延命地蔵菩薩を本尊として定光寺を創建したことが始まりです。

 この場所に何かを感じたのでしょうね。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET