mobile ver.

お寺が無い村−東白川村(3)廃仏毀釈
(2008-02-05)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 幻の生物「つちのこ」生息地ということで、岐阜県東白川村にやってきまして、前回は世界で唯一のつちのこの資料館「つちのこ館」をレポートしましたが、この村にはつちのこと別に、いや別じゃないかもしれない、もう一つの特徴があります。

 それは、東白川村にはお寺が無いということ。

 じゃあお葬式はどうするの?お墓はどうなるの?そもそも、なぜお寺が無いの?

 と、気になるところですがその前に腹ごしらえです。

写真

山の上に見晴らしの良いレストランが

 東白川村役場から北へ道路を登っていきますと、「こもれびの里」という施設群があります。ここでは木工や陶芸、パンやビザ作りなど体験活動ができるほか、実際に宿泊して体感することのできるモデル住宅「東白川の家」などがあるのですが、そのなかに「レストラン味彩」があります。

 レストラン味彩も、つちのこ館と同じく村の第3セクターであるふるさと企画が運営しており、山菜バイキング(予約制)やカレーバイキング、イタリアンランチなどバラエティに富んだメニューが用意されています。

 私は、薬を一切投与せずにおいしい水と微生物の餌で健康に育てたという「美濃白川あんしん豚」を使った「ソースかつライス」を注文しました。

写真

 味噌かつ定食もあったのですが、肉のうまみが分かる特製ソースを使っているという点に惹かれてこちらにしました。確かに、おいしい。しかも柔らかかったです。

 そして相方は、好みのパスタと好みのピザ、さらにスープ、サラダ、ドリンク、デザートがセットで1,200円とリーズナブルなイタリアンコースランチを注文。このピザが、かなりおいしかったです。

 この日は平日でしたが、お店は多くの人で賑わっていました。店員さんもとても丁寧で、やっぱりこの村は観光に賭けてるんだ!というのが伝わってきました。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET