mobile ver.

戦後のスターと今のスターと例のボート-東山動物園(1)
(2008-01-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 私は動物園が大好きです。

 昨年は、どうしても上野のペンギンとパンダが見たくなって、雨の中を一人で東京・上野動物園に行ったりしましたが、ここ数年、我らが名古屋の東山動物園に出かけていないことに気づき、松の内に久しぶりに東山へと行ってきました。

 東山は我が家から近いこともあり、幼い頃から何度も行っているので、どこに何がいるのかも完全に把握しているほどです。

 かつては東洋一の動物園と呼ばれ、入場者数も上野に次いで国内2位を誇ってきた東山動物園も、ここ数年はあの北海道の「旭山動物園」に抜かれ、ライバル心を燃やす東山も、再生プランを策定して大胆な行動展示をする計画のようですが、私は今の、のほほんとした東山の雰囲気を気に入っています。

 では、♪たいかんお〜こく、ひがしやま♪でも聞きながら、東山の戦後のスターと今のスターをご覧ください。今回は東山動植物園の動物園本園をご紹介します。名古屋に希望の光をくれた動物とは。

写真

東山のイチオシ!

 東山動植物園の入場料は、動物園と植物園共通で、高校生以上が500円、中学生以下は無料となっています。親子連れのお財布に優しいですね。チケットには、「ゾウ」「ゴリラ」「コアラ」「カバ」「キリン」のイラストが描かれています。彼らは東山のイチオシ!たちです。

 このうち、ゾウ、コアラ、キリンが本園にいます。

 やっぱり、東山と言えば真っ先に「コアラ」を思い浮かべる方が多いと思います。なんてったって日本で初めてコアラがやってきたのが東山ですからね。もちろん、そんな集客効果抜群のコアラは本園の最も奥にいます。

写真

意外とオイシイ動物園グルメ

 この日、私たちは昼頃にやってきたので、まずは腹ごしらえ。私たちはいつも平日に動物園に訪れることが多いので、正月休みの人の多さにちょっとビックリ。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET