mobile ver.

ここが生誕地!という主張はすごいけど...桃太郎神社
(2007-12-27)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 初詣直前。おとぎ話の現場からシリーズ第3弾「桃太郎」。前回は、岐阜県可児市に現存する「鬼ヶ島」をレポートしました。なぜこれまで、私や相方の地元にもかかわらず、桃太郎を考察しなかったのかと言いますと、木曽川沿いに桃太郎のお話が残されていること自体は、以前から知っていたのですが、地元民としても「桃太郎って岡山か香川の話じゃないの?」という思いがあったからです。

 しかし先日、横浜のtvkというテレビ局が制作している準全国ネットの番組で、おとぎ話の話題があった際、桃太郎については、おとぎ話に詳しい慶応大学の教授が、迷うことなくこの木曽川沿いにある桃太郎の伝説を紹介していて、それを見て、「そ、そうなのか...。犬山の桃太郎はアリなのか。」と驚き、やってきたというわけです。

 では、その桃太郎に会いに行きます。

写真

 鬼ヶ島のあった岐阜県可児市とは、鳩吹山を挟んで反対の西側。木曽川沿いの犬山市 栗栖字古屋敷に「桃太郎神社」があります。神社の周りは桃太郎公園として整備されており、公園には桃太郎だけではなく、お供のサル、キジ、イヌの像がたくさん飾られています。どれもカラフルに装飾されていて、古さは感じないのですが、実は昭和20年代に作られたという、かなりの年代物です。今ではそれほど奇抜だとは思いませんが、当時としては斬新だったのではないでしょうか。でも、戦いを前にしているからか、どれも目が怖い。

写真

 

主張1

 桃太郎といえば、川へ洗濯に行ったお婆さんがストーリーの鍵を握るわけですが、なんと、そのお婆さんが使っていたという洗濯岩があるではありませんか。もちろん、その岩の横には、大きな桃を持ったお婆さんの像が...。

 その証拠に、お婆さんが毎日の洗濯に使ったため、岩にお婆さんの足型が残って...って、ものすごいデカいんですけど。26センチの私の足なんかよりもかなりデカい足跡です。まあ、さぞかし洗濯は、はかどったことでしょう。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET