mobile ver.

退治されて幾年月...桃太郎の足跡辿って鬼ヶ島−可児
(2007-12-26)

< ページ移動: 1 2 3 >

 トッピーネットでは、これまでにかちかち山浦島太郎が玉手箱を開けた場所など、おとぎ話が実際に繰り広げられたと言われる現場から、その物語を考察してきました。

 今回は地元も地元。あの日本一の桃太郎の現場へと向かいます。年末に取り上げるわけですから、そんな桃太郎にあやかれる、初詣にピッタリな神社もご紹介します。

 さっそくその桃太郎が生まれた場所...ではなく、自称天の邪鬼なブログとしては、まずは鬼が棲んでいたといわれる、鬼ヶ島へと向かいます。今も鬼ヶ島がそのまま残されているという、岐阜県可児市へ。

写真

 資料によると、鬼ヶ島は木曽川へと流れ込む可児川に浮かぶ島であり、その可児川と名鉄広見線が交差する場所にあるとのこと。交差しているのはその名も可児川駅のすぐ南側。地図を見ると、確かに名鉄広見線と県道122号の戸走橋の間には、島状のものがあります。これが、鬼ヶ島...。

 というわけで、名鉄広見線とクロスする場所の、可児川の南岸へとやってきました。可児市在住である相方の家からは目と鼻の先。すると相方があれ...?と何かに気づきました。

写真

 どうも相方は、幼い頃、父親に連れられてこのあたりでよく水遊びをしていたそうです。鬼ヶ島で水遊びってすごいな...。可児川は、周囲の田んぼからは見えない、少し低い位置を流れているのですが、相方は迷うことなく崖への入口を見つけ、そこを下っていきます。幼い頃の記憶というのは、何年経っていたとしても、その場に来るとよみがえるものなのですね。

 私も相方の後について、可児川の水面へと降りてみます。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET