mobile ver.

潮風と涼しさを感じに風車のある山へ...しかし−蔵王山
(2007-08-25)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 多治見市で40.9℃を観測し、74年ぶりに我が国の最高気温記録を更新するなど、名古屋周辺では暑い日々が続いています。そんななか、友人たちと田原市の蔵王山へと行ってきました。蔵王山と言えば山頂に風車があり、なおかつ南北を海に挟まれていることから、潮風を感じながら涼しげな絶景を見ることができるのでは...と思っていたのですが、そうは甘くはありませんでした。せっかく買ったソフトアイスも...。

 田原市は愛知県の渥美半島一帯に広がる市です。かつて渥美半島には田原町、赤羽根町、渥美町の3つの町がありましたが、田原町は2003(H15)年8月に赤羽根町と合併し田原市に、そして2005(H17)年10月、当初は合併を断った渥美町を編入し、現在の形となっています。観光面から考えば、志摩市や伊賀市のように合併の中心となった街ではなく、広く知られている名称を前面に出し、渥美市にした方が良さそうな気もするのですが、どうやら観光イメージよりも旧城下町のプライドが優先されたようです。

写真

 そんな田原市の市街地の北側にそびえるのが蔵王山です。山頂には大きな風力発電用風車があります。蔵王山は年間を通して秒速6メートル以上の強い風が吹いていて、その風を利用して風力発電を行い、展望施設の照明や冷暖房の電気をまかなっています。余った電気は電力会社に売ってもいるそうです。タワーの高さはなんと30メートルで、高さは11階建てのビルほどあります。それでも、三重県津市の久居地区にある風車と比べると半分以下の大きさだというから驚き。

 それだけ風が吹いていて、しかもそれが潮風であれば、さぞかし涼しいのではないかと思いきや、猛暑日はそれも熱風。とてもではありませんが、涼しさを体感することはできなかったのですが、この風車、近くで見ると予想以上にデカく、しかもギュオンギュオンと音を立てていて大迫力。ある意味ゾゾっとしました。ちなみに、ある一定以上の風の強さになると停止するそうです。まあ、どこかの風車のようにポキっと折れても困りますからね。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET