mobile ver.

日本三観音の門前町「大門」は今...−津観音
(2007-01-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 観音さま。それは仏教の菩薩のひとつであり、人々を苦悩から救済してくれる菩薩で、日本では古くから広く信仰を集めています。そのため全国各地に観音霊場はたくさんあるのですが、そのなかで「日本三観音」と呼ばれる3つの場所があります。

 ひとつは東京都台東区にある金龍山浅草寺「浅草観音」。続いて名古屋市中区の北野山真福寺「大須観音」。そして三重県津市にある恵日山観音寺「津観音」です。ただ、まあこういった類のものは、日本三大稲荷と一緒で地方によっては違うことがありますので、「諸説ありますが、この3つのお寺が日本三観音と言われることがあります」という程度で抑えておきたいと思います。

 私たちは浅草と大須には何度も言ったことがあるのですが、津観音には行ったことがありませんでした。そこで今回、行ってきました。

写真

 浅草と大須に共通することといえば、門前町が実に栄えているということです。平日でも多くの人が行き交い、時には歩くのが大変なほどの賑わいです。津にもそんな雰囲気があるのでしょうか。

 津観音は津市の中心部、国道23号線から程近い場所にあります。お寺の周辺には門前町のように、だいたてアーケードが形成されているとのこと。ただ地図で見ると駅からは遠く、バスに乗らないといけません。私たちは車で行きましたので、津観音のすぐ横にある立体の大門駐車場に車を入れます。こちらは24時間営業で30分毎100円、最初の1時間は無料となっています。

写真

 色鮮やかな仁王さまが守る仁王門をくぐると、奥にこれまた色鮮やかな五重塔が見えます。この五重塔は2001(H13)年5月に建立されたもので、仏法興隆と世界平和を祈願しているとのこと。三重県内では初めての純木造五重塔です。写真だと伝わらないかもしれませんが、いかにも新しいというのが見た目にもよくわかります。まあ、これから年月を重ねていくと、深みや味わいが出てくるのでしょうね。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET