mobile ver.

町全体が賑やか「お七夜」−高田本山専修寺
(2007-01-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 津市一身田町にある高田本山専修寺。浄土真宗高田派の本山です。15世紀後半に真慧(しんね)が伊勢国の中心寺院として建立したことに始まります。1658(明暦4)年に藤堂高虎を藩祖とする津藩の強力な援助があり、1666(寛文6)年には御影堂が上棟されました。御影堂は国の重要文化財となっています。高田派に所属するお寺は全国に600以上あり、その真宗最大の法会である報恩講が毎年1月9日から16日まで行われています。この間、7日間に渡って昼夜ずっとお勤めを行うことから「お七夜」と呼ばれています。お七夜の間はお寺の周辺には出店が立ち並び、多くの人で賑わいます。一身田の風物詩であるその「お七夜」に行ってきました。

写真

 専修寺の山門前には一身田寺内町が形成されていて、多くの寺院が立ち並びます。寺内町とは戦国時代に真宗寺院の境内に発達した集落で、堀で囲って他の宗派や領主からの攻撃に備えた町です。その寺内町には明治時代の建物も多く残されていて、そういった商家の一部は「寺内町まちかど資料館」として、様々なものを展示しています。

 お七夜期間中はこの一身田町全体にお祭りの雰囲気が漂います。その様子は後ほど見ることにしまして、まず山門から。「報恩謝徳」という提灯がお七夜であることを示しています。この山門の瓦には1704(宝永元)年の銘があり、その年に作られたという説が有力です。山門は三重県の指定文化財となっていて、1994(H6)年には大掛かりな修理が行われています。この山門の迫力にまず驚かされたのですが、中に入ってさらにびっくり。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET