mobile ver.

名古屋で猪といえばやっぱり猪子石(いのこし)
(2007-01-09)

< ページ移動: 1 2 3 >

 少し遅くなりましたが、2007年もよろしくお願いいたします。今年は亥年。猪といって名古屋っ子がまず思い出す地名といえば、やはり名東区の「猪子石」でしょう。今から数十年前は猪が出没してもおかしくなかったような場所なのですが、今ではすっかり都市化が進み、さすがに本物の猪を見かけるような場所ではなくなりました。しかし、猪子石という地名の語源ともいわれている、石そのものは今でもあります。しかも2つ。ところがこの2つ、片方は触るとご利益があり、もう片方は触ると祟られるという、間違うことができない石なのです。今回は亥年にちなんで、いのこし(猪子石)界隈をご紹介します。

写真

 地名は「猪子石」と書くのですが、地元のほとんどの人は「いのこし」と呼びます。地名はほとんど「いのこいし」が正式名称となっていますが、「いのこし病院」など、固有名詞で残されています。私も猪子石のことは「いのこし」としか呼んだことがなく、「いのこいし」などと硬っくるしい呼び方をしたことはありません。

 まずはその名も猪子石神社へ。猪子石西原バス停から南へ3本目の道路沿い、住宅街のなかにあります。この神社には、半分土に埋もれた大きな石があります。その姿は立派でかなりの大きさです。これこそが一つ目の猪子石。「牡石」です。寝そべっているオスの猪にそっくりだからと名づけられました。表面はツルツルで、思わず撫でたくなってしまうかもしれませんが、触ると祟られると言い伝えられています。年初めの度胸試しに...ってダメダメ。

 かつて農村では、旧暦の10月亥の日に「亥の子」を祝う信仰があり、この岩とその信仰が結びついて、このあたりの農村一帯を猪子石と呼ぶようになったと伝えられています。私が幼い頃はまだ農村風景も残っていたのですが、今では周囲に基幹道路やマンション、住宅が立ち並び、農村の面影は全くありません。

写真

 続いてもうひとつの猪子石へ。猪子石西原交差点から南へ、京命交差点を南東に行き、猪子石公園のすぐ横にある大石神社にその石はあります。こちらも半分土の中に埋もれているのですが、見た目で先ほどの牡石とは様子が違うことがわかります。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(14)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET