mobile ver.

住宅街に残る昭和の遺物−NHK桶狭間ラジオ放送所
(2006-08-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 名鉄有松駅から南へ約1.5キロ。愛知用水を越えたところに、その廃墟はあります。廃墟はL字形の土地にあり、周囲はびっしりと戸建住宅が立ち並ぶ住宅街となっています。住宅密集地にポカンと空いた空地に残る廃墟は異様な空気を発しています。この廃墟の入口は南側にあり、門には道路が繋がっています。しかしその道路の両側にもやはり住宅がずらりと立ち並び、かつてはこの施設のために作られたであろう道路は、今や住宅街の袋小路となっています。門には「日本放送協会・桶狭間ラジオ放送所」という文字が。そうなんです。ここはNHKのラジオ放送所なのです。しかし、外観からはとても現役とは思えません。激動の昭和。その昭和を名古屋の人々に伝え続けた桶狭間ラジオ放送所を今回は見ていきます。

写真

 場所は緑区有松町大字桶狭間字神明廻間。桶狭間という地名が示すとおり、桶狭間の合戦跡はここから東へ数百メートルのところにあります。かつては広大な野原が広がっていたこのあたりも、現在はベッドタウンとなっており、周囲は古戦場公園など整備された公園と池を除いて、住宅が密集しています。住宅街は北に対して斜めに走っている道路に並行するように形成されているのですが、桶狭間ラジオ放送所は北から南へ真っ直ぐと存在しているため、整然と立ち並ぶ住宅街を遮るように、NHK桶狭間ラジオ放送所は存在しています。放送所の入口は南側にありますが、近くまで寄らない限り、住宅に遮られその存在に気づくことはないでしょう。

写真

 門まで近づくと、その空間の異様さに気づきます。普通のラジオ送信所とは違い、建物に立派な玄関があり、煙突が立っています。ここは電波を出す役目だけではなく、スタジオや簡易宿直施設などもあったのかもしれません。戦時中はスタジオが焼失した場合、ここから放送する必要があったということも推測できます。そうなんです。この放送所はそんな時代を生き抜いてきたのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(18)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET