mobile ver.

モスバーガーはチャレンジャー−モリコロパーク前編
(2006-07-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 昨年9月25日に閉幕した愛・地球博。メイン会場だった長久手会場の跡地には、「愛・地球博記念公園(愛称:モリコロパーク)」の整備が進められています。その公園の第1期供用エリアがこの7月15日にオープンしましたので早速行ってきました。我が家から車で6分。もし、万博も会場に駐車場がもしあったならこのスピードで行けたのですが、あの頃はかなり苦労しました。そうなんです。愛・地球博記念公園(以下・モリコロパーク)には駐車場があるのです。

写真

「パークアンドライドはどうなったんだ?万博の理念を継承するんじゃなかったの?」

 なんて言わないで下さい。この公園に、パークアンドライドなんかする必要は...。

 さて、公園のオープン前に、事情通の友人にこの公園について聞いてみたところ、まずこのような返事が返ってきました。

「万博の幻影を絶対に追い求めないように。むしろ、青少年公園が復活すると考えてね。予算全然無いから。」

 なるほど。公園はあくまでも公園であって、万博ではない、お金も無い、ということですね。というわけで相方と一緒にモリコロパークにやってきたのですが、相方は最初から「なんでこんなところに来なきゃ行けないの」と文句を連発です。相方は万博について全く心残りがありません。

 まずは自動車の入口ですが、万博開催当時は北ゲートがあった場所に作られたロータリーへ車で進入する格好になっています。そして企業パビリオンゾーンA全体が北駐車場となっていてそこに車を停めます。このあたりは青少年公園当時とほとんど変わりありません。料金は普通車が500円、二輪車(原付)が200円、大型車が1,600円です。4月から10月は朝8時から午後6時まで、それ以外は午後5時半まで利用可能です。

写真

<総合案内所>

 北ゲートだったところには総合案内所が設置されています。案内所といっても小さな小屋で、パンフレットが置かれている程度です。そしてその横には小さな屋台があり、モリゾー・キッコログッズを売っていました。しかし品数は少なく、誰も足を止める様子も無く、私たちも素通りしてしまいました...。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET