mobile ver.

お伊勢まいりは外宮から−伊勢神宮
(2006-07-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

「お伊勢まいりは外宮から」と、テレビなどで聞いた知識としては前からあったのですが、私はこれまで外宮に行ったことはありませんでした。伊勢神宮への参拝は、まず夫婦岩がある二見興玉神社で禊をして、外宮、内宮と廻るのが参拝順路なのだそうで、私たちは二見興玉神社で禊とはいきませんでしたが、お参りをしてから伊勢神宮の外宮へとやってきました。

 伊勢神宮は正式には伊勢という名前はついておらず、ただ「神宮」というのが正式名称です。神宮といえば無条件にこの伊勢神宮を指すというわけです。「神宮」は、この外宮と内宮の大神宮を中心として、14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社のあわせて125の宮社の総称です。内宮が天照大神を祀っているのは知っていましたが、外宮はどの神さまをお祀りしているのでしょうか。

写真

 外宮は伊勢の市街地に程近く、伊勢市駅からも近いところにあります。駐車場に車を停め、火除橋を渡ります。立て看板に「左側通行」とあり、何となく違和感を覚えます。外宮は「豊受大神宮」といい、豊受大神を祀っていて、478(雄略天皇22)年に丹波の国(現在の京都府北部)からこの地に迎えられたと伝えられています。この神さまは天照大神の食事を司る神さまで、衣・食・住をはじめ、あらゆる産業の守り神なのだそうです。

 今回の三重県の旅でも、私たちはおいしい海の幸を味わえたことに感謝。そしてさすがお伊勢さんです。平日にもかかわらず、外宮にはたくさんの人がお参りにやってきていました。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(8)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET