mobile ver.

もう少しでトラップにひっかかるところでした−夫婦岩
(2006-07-23)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 鳥羽から国道42号で伊勢へと向かうと、現在は伊勢市になっている旧二見町を通ることになります。二見といえば夫婦岩です。そこにはトラップが...。

 国道42号線は近鉄鳥羽線と並行していて、海岸線を離れると一気に山里風景という三重県らしさのある風景が車窓に広がります。夫婦岩については事前に全く調べていなかったので、道路端の看板が頼りです。すると「トンネル出たらすぐ右側・夫婦岩駐車場」という看板がありましたので記憶に留めておきます。二見シーパラダイスが見える頃から42号は再び海岸線を走ります。新二見トンネルを越えると、看板の通り右手に駐車場があったので車を入れます。すると係員が寄ってきて紙を渡されました。「本日の駐車場料金は2時間まで700円以降1時間ごとに500円」とあります。相方が「アホくさいからここやめよ」と言うので車を出します。するとすぐに「夫婦岩駐車場右」という道路標識が現れ、右折してしばらくすると無料駐車場があるではありませんか。そこに車を停めると、今度はニコニコしたおじさんが近寄ってきました。今度は一体何...。

写真

 おじさんは私たちが車を降りるや否や、「あんたらあそこに車入れようとしたやろ」と言って、遠目に見える先ほどの駐車場を指差しました。「あ、はい。」と言うと...。

「無料駐車場の手前であの商売、よくやるわ。苦情も出てるんやわ。あんたらの車見て、『出て来い出て来い』って念じとったもん。」

 と笑われてしまいました。確かに、あの有料駐車場に停めて夫婦岩へと歩くと、この無料駐車場を目にすることになります。そりゃ、怒る人もいますよね。「この先、橋を渡ったところでもあの店はお茶を配って店に引き込もうとするサービスみたいなことやってるから気ーつけや。」とおじさんは言ってくれました。ありがたいですね。このおじさんは一体どういう人なんだろう...。でも、あのお店にとっては営業妨害ですよね。ははは。

 この駐車場がある海岸線の通りは旅館街へと繋がっていて、修学旅行でこの地を訪れる学生達が多く宿泊します。道路は電柱が地中化され、綺麗に整備されています

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET