mobile ver.

天の岩戸の水は美味しかったけど...−恵利原の水穴
(2006-07-22)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 伊勢自動車道伊勢西インターから南へ車を走らせると、伊勢神宮内宮の北側を五十鈴川トンネルで潜り抜け、伊勢道路へと繋がります。伊勢道路は志摩路トンネルを抜け、志摩市磯部町へと続いています。その伊勢道路を地図上で眺めていると、山のなかにポツンと「天ノ岩戸口」というバス停があるではありませんか。天の岩戸といえば「古事記」「日本書紀」に出てくる神話の世界のお話。幼い頃にジャポニカ学習帳のコラムで読んだ覚えがあります。天照大神(あまてらすおおみかみ)は須佐之男尊(すさのおのみこと)の悪事に怒り、それを戒めるために岩戸の中に隠れてしまい世の中は闇に包まれてしまいます。神々は天照大神に出てきてもらおうと、岩戸の前で様々な儀式をするのですが、そのなかで、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が滑稽な踊り踊ったことで神々が大笑いをし、それに誘われて天照大神が岩戸を開け、世の中に光が戻ったというお話です。

 まさかその現場がこんな身近にあるのか!?と思い、神話好きの相方にそのことを話すと、「それは行くしかないでしょう」ということで、行ってみることにしました。

写真

 五十鈴川トンネルを過ぎると、道路はクネクネとした山道になります。道幅は狭くないので対向車に気をつける必要はそれほどありませんが、さすがにカーブがきつい。あまりスピードを出すと車酔いしそうな道です。すると右手に大きな看板があるではありませんか。「天の岩戸」と書かれています。ここに間違いありません。入口には鳥居がありますが車で進入可能です。車で鳥居をくぐります。しばらく走ると道は神路ダム湖岸を走る形になります。本当にあるのかな...と不安になった頃「天の岩戸こちら」という看板が登場し、間違っていないことにホッとします。すると駐車場が登場。そこからは歩いていくことになります。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(7)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET