mobile ver.

戦国時代の名将は最後まで戦略家だった−鳥羽・答志島前編
(2006-07-18)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 伊勢湾で最も大きな島である鳥羽市の答志島。この島には戦国武将だった九鬼嘉隆の墓があり、その九鬼嘉隆率いる九鬼水軍が作ったともいわれる制度が今も残っています。島の約8割の人が漁業に従事していて、新鮮な海の幸をいただくこともできます。鳥羽の港からわずか数十分。船に乗って離島に渡ると、そこに流れる空気は全く違います。歴史を感じて、地理を感じて、そしておいしい料理を味わいます。

 織田信長のお抱え水軍であった九鬼水軍。水軍の将だった九鬼嘉隆は3万5千石の禄を得て鳥羽城主となり、秀吉の下でも活躍します。戦略家であり、戦乱の世で九鬼家を永続させるために策を練り、その戦略を貫き通すために最後は自刃してしまいます。今回は、答志島に眠る九鬼嘉隆にまつわる遺跡を見ていきます。

写真

 鳥羽市営定期船のりばから答志島行きの船に乗ります。この船はここ佐田浜を出発すると、答志島の和具港を経由して答志港へと向かいます。私たちの目的地は和具港ですので、最初に停泊した港で下船することになります。所要時間は20分強、運賃は530円です。結構高いんです...。ちなみに答志港まで乗っても同じ料金です。船には生活用品などの貨物もたくさん積まれ、船を通学に利用している学生や、営業活動でしょうかスーツ姿の方も見られました。船に乗るということは私たちにとって非日常体験ですが、それが日常という人々を見ると、実に大変なことだと思います。便数が多ければそうでも無いでしょうけど、わずか1日8本では...。

写真

 和具港に到着すると、宿泊するホテルの方が出迎えてくれて、ワゴン車へと案内されました。すると、先ほどのスーツ姿の人も一緒にワゴン車へ。この島に何の営業活動に来たんだろう?と思いきや、島のことについて私たちに案内をはじめました。ホテルの方のようです。船で市街地へと出てホテルの営業活動に行ってらっしゃったわけですね。わずか数分でホテルに到着です。

 私たちはホテルに荷物を置くと、九鬼嘉隆のお墓を見るために、今、ワゴン車に乗ってきた道のりを徒歩で戻ります。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET