mobile ver.

鳥羽へ懐かしさを求めて...やってきたわけじゃないのに
(2006-07-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 先日、三重県鳥羽市へ行ってきました。このブログでは、ゴールデンウィークに鳥羽市を考察したことがありましたが、離島に行かなければ鳥羽市を語ることはできないだろうというわけで、今回は鳥羽の離島へと行ってきました。鳥羽の離島へは、鳥羽駅のすぐ近くにある佐田浜から鳥羽市営定期船が運航されています。今回は佐田浜の鳥羽一番街とパールビルでお土産屋さんを覗いて、そして船のりばである鳥羽港湾センターまでをご紹介します。港湾センターには意図されていないと思われる郷愁が漂っていました。初めて来たのにもかかわらず懐かしさを感じるそのわけは。

写真

 佐田浜にある第一駐車場に車を駐車します。離島加盟旅館指定駐車場となっていますので、離島の加盟している宿に予約を入れている場合は駐車場を無料で利用することができます。普通に利用すると、2時間まで1時間300円、それ以降5時間まで1時間250円と結構しますのでご注意です。駐車場の前には鳥羽一番街とパールビルというお土産屋さんと飲食店の集合ビルがあります。看板に「伊勢志摩土産なんでもそろう」とあるとおり、フロアにはいくつものお土産屋さんが軒を連ねています。ただ、結構扱ってる商品は被っていますので、効率よく一通りお土産を見るためには、一度見たものを記憶して、次ぎ見たときにはそれを飛ばすという記憶力が必要です。

写真

 鳥羽一番街は不思議なことに、1階よりも2階の方が活気がありました。大抵こういうビルというのは、2階以上に人を誘導するのが課題だったりするのですが、ここでは逆の現象が起きています。お土産は食べ物が多く、赤福といった和菓子や、干物や海藻など海産物、そして意味不明のCMでおなじみの松阪牛チップスなどをよく見かけましたが、我々はご当地グッズに注目してみました。今ご当地グッズナンバー1といえばやっぱりキティちゃん。「十二単キティ」「伊勢神宮の巫女キティ」「海女さんキティ」などがあります。そのなかに「浦島太郎キティ」というのがあり、店員さんに「浦島太郎ってこの辺のお話なんですか?」と聞くと...。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET