mobile ver.

天の川を渡る結婚式って...どうだろ?
(2001-07-06)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 現在は中津川市となりましたが、旧蛭川村はわが国で有数の花崗岩の産地です。そんな蛭川地区にあるのが石の博物館「博石館」です。博物館といってもそれだけにはとどまらず、ちょっとした石のテーマパークとなっていて、石製品のショールームとなっているだけではなく、地ビールレストランがあったり、幻想的な空間で結婚式を挙げることもできます。通常は大人800円、小人500円の入場料が必要なのですが、この日は七夕イベントとして夜間無料開放されているという話を聞き訪れてみました。

■ピラミッド

 この蛭川地区で産出した御影石、その量なんと5,500トンを使用し、約2年半かけて造られたのが、クフ王のピラミッドです。スケールは10分の1ですが、それでも1辺23メートルという大きさ。その中には1,000年後に開けられるというタイムカプセルが入れられています。これが結構大きくてビックリしましたが、本物のピラミッドがこれの10倍の大きさであるということにも驚き。しかし1,000年後に開けるタイムカプセルって...開いたときに「懐かしい〜」とは誰も言わないでしょうね。

写真
▲10分の1サイズといっても5,500トンのピラミッド。

■人形 ■石の販売店

 芝生広場には、石で造られた人形が数多く展示されています。この丸い質感が何ともいえません。それぞれにいろいろな表情が彫られており、見ていて面白いです。そして販売店では、石に関するさまざまなものを取り扱っています。水晶やアメジストの塊から、今流行の、マイナスイオンが発生するといわれるトルマリンまで。そのトルマリンも、アクセサリーから粉末まで様々。トルマリンには水をやわらかくする効果もあるそうです。私も、マイナスイオンが発生するという石をトルマリンでは無いのですが購入してみました。なぜトルマリンじゃないのかって?トルマリン高いんだもの...。でも、そうやってケチると効果もケチられるんでしょうねぇ。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET