mobile ver.

お豆腐屋さんが妙に心配したワケ
(2002-11-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 11月初旬。木々が色づき始めた奥飛騨、旧国府町の宇津江四十八滝へ行ったわけですが、その帰り道は戦いでした。夕方、かなり寒くなってきて気温は2℃ になっていました。しかし、遠路はるばる奥飛騨までやってきたわけですから、帰り道、どうせ高山を通るなら、やっぱり醤油味のみたらし団子が食べたい!ということで、高山へ寄り道することにしました。

 さすが高山は観光地、夕方でも人出があるなぁと思ったのも束の間、午後5時半を過ぎる頃には、辺りの店はすっかり閉店してしまい、食べたいなぁと思った高山ラーメンを食べさせてくれる店はもうありません。飛騨牛も、なんとか閉店間際に露店の串焼きにはありつけたものの、夕食を食べさせてくれる店は見当たりません。1軒あったと思ったら、そのステーキハウスは超高級ホンモノ志向という感じで、とても気軽に入れる雰囲気ではありませんでした。

 午後6時を回り、すっかり暗闇に包まれ、高山で晩ご飯を食べるのはあきらめよう。と、車を走らせることにしました。私たちのいつもの行動パターンなら、高山からは国道41号線をひたすら南下するのですが、東海北陸自動車道が(旧)清見村・飛騨清見インターまで開通したのを知って、「どうせなら走ったことのない道を走ってみよう。」と思い、高山から一路旧清見村へと向かいました。

写真
▲高山の夕暮れ。さすが小京都、夕暮れに趣があります。

 高山市街から、インターまでは結構距離がありましたが、スムーズに走ることができました。そして森の中に、とても興味深い看板が現われました。「とうふ宮春」。旧清見村は水がとても綺麗だという話は聞いていましたので、豆腐が名産であるのは納得できます。しかもその豆腐料理を食べさせてくれる店があるなら、これは食べなければ、という思いが込み上げてきました。もうここは旧清見村。高山市街じゃないんです。ラーメン、飛騨牛じゃなくて、豆腐が食べたい。「とうふ宮春」の看板を見ただけで、もう、おなかは豆腐モードです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET