mobile ver.

知名度全国区の観光地「飛騨高山」
(2001-11-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

 秋の飛騨高山へと行ってきました。岐阜県と長野県を結ぶ「安房トンネル」が開通したことで、関東方面からの観光客が急増しているとのこと。岐阜県を代表する観光都市である晩秋の高山を歩いてきました。高山の魅力は何と言っても昔の街並み。「飛騨の小京都」と呼ばれ、さらには飛騨牛や高山ラーメン、そしてお団子とおいしい名物もいっぱいです。岐阜県の高山というよりは、旧飛騨国の高山という印象が強く、現在でも観光紹介などでは「飛騨高山」と呼ばれることが多く、古くからこの飛騨地域の中心として栄えていた名残があります。

■高山陣屋

 高山観光でまず訪れたいのは、国の指定史跡ともなっている「高山陣屋」です。陣屋とは江戸時代に代官が政治を行った役所です。この建物は元々高山城主金森氏の屋敷の一つだったのですが、飛騨は1777(安永6)年に徳川幕府の直轄地となり、ここに役所を置き、江戸から代官が来て飛騨の政治を行ったのです。代官所の建物が昔のまま残っているのは全国で高山だけです。なぜ直轄地だったのかといいますと、飛騨は地下資源や山林資源が豊富だったからとのことです。

 元々江戸の直轄地だった飛騨高山。後に岐阜県となって岐阜市の配下に素直に収まる...わけがありませんよね、心情として。かつて首都の直轄地だった高山が、なぜ美濃国に支配されなければならないのか。だから岐阜高山ではなく、飛騨高山なのでしょう。

 さてこの高山陣屋、結構最近まで現役だったというのも意外な事実。1969(S44)年までここはお役所として使われていたのです。「飛騨県事務所」として。その年から岐阜県はようやく高山陣屋を文化財として保存する方針に変わり、16年かけて江戸時代の姿を復元したのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET