mobile ver.

鳥羽市を考察・そして極上松阪牛をお値打ちに味わう!
(2006-05-08)

< ページ移動: 1 2 3 >

 唐突ですが、私は三重県が大好きです。なぜなら、三重県は名古屋から交通の便がとてもよく気軽に行けるにもかかわらず、海に山に見どころがいっぱいの観光地である上に、名古屋とは文化圏が異なることから、名古屋から日帰りの小旅行でも「すごく遠くへ来た感」が味わえるからです。これは岐阜県では味わえません。そこでこの大型連休は、友人たちと三重県のあちこちへ行ってきました。と言いましても主目的は観光ではなく、三重県のいろんな街の空気を感じてきました。

 まずは観光都市である鳥羽市から。

写真

 鳥羽市は、東に突き出た志摩半島の北端にあたり、渥美半島の伊良湖岬の対岸にあたります。鳥羽市には結構たくさんの島があるのですが、そのうち神島は、鳥羽市でありながら鳥羽よりも渥美半島の方が近い場所にあります。三重県の観光都市のなかでも観光要素の強い街で、私もこれまで何度も観光で訪れたことがあります。鳥羽水族館、ミキモト真珠島、海の博物館、そして船で鳥羽湾めぐりをしたこともあります。しかもそれら観光地の多くが鳥羽駅から徒歩圏内にあるので、特に駅周辺は観光地感がとてもあるところです。

 しかし今回はあくまでも街の空気を感じるのが目的でしたので、観光スポットには立ち寄らず駅前をブラブラしてみました。鳥羽駅は海岸近くにあり、その海岸には噴水のある佐田浜東公園があります。見ると噴水にはイルカの像が。鳥羽にはイルカにタッチにできるイルカ島があり、そのPRかと思ったのですがどうも違います。説明を読むと、このイルカのブロンズ像には「フレンドシップ=ファウンティン」という名がついており、鳥羽市と姉妹都市提携をしているアメリカ・カリフォルニア州サンタバーバラ市との友好を深めようと1989(H元)年に作られたものだそうです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(11)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET