mobile ver.

イオン扶桑でセルフレジにリベンジ
(2006-04-23)

< ページ移動: 1 2 >

 前回に続いてまたイオンの話題ということで、私がイオン信者かと思われてしまいそうなので先に申し上げておきますが、私はイオンもアピタもヨシヅヤも好きです。ただ、イトーヨーカドーの今のCIだけは最悪だと思っています。

 さて今回は扶桑町の「イオン扶桑ショッピングセンター」へ行ってきました。以前一度チャレンジしてなかなかうまくいかなかった「セルフレジ」で、スムーズにレジを済ますことが今回の目的です。

写真

 イオン扶桑ショッピングセンターは、ジャスコ扶桑店と100の専門店からなり2003(H15)年8月9日にオープンしました。扶桑町は愛知県北西部にあり、このあたりは岐阜県南部を含め、昔からイトーヨーカドーの多い地域で、それほど大きなショッピングセンターがありませんでした。そのため、このイオン扶桑は週末になると多くの人が訪れ夜遅くまで賑わっています。各務原市や可児市南部も商圏となっているようです。

 そのジャスコ扶桑店の食品売り場で面白いコーナーを発見しました。即席めんのコーナーがかなり広いのですが、その一角に「寿がきやコーナー」があるのです。寿がきやは名古屋を代表する即席めんメーカーです。

写真

 棚には「名古屋の味」と書かれ、ありとあらゆる寿がきや製品が陳列されています。そのラインナップは名古屋っ子でも驚くほど。みそ煮込みうどんから台湾ラーメン、そしてSUGAKIYAのお店の味まで...これは名古屋っ子としては嬉しいラインナップです。「イオンはドラゴンズを応援しています」というディスプレイを先日、地下鉄ナゴヤドーム矢田駅で見かけましたが、イオンは各地でこういった地域密着戦略をとっているのでしょうか。それとも、かつて昭和50年代にはジャスコが結構あったにもかかわらず、ユニー・アピタに支配されてしまった名古屋を絶対に奪還する思いの現れでしょうか...。

写真

< ページ移動: 1 2 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET