mobile ver.

25年ぶりのごんぎつね
(2005-03-14)

< ページ移動: 1 2 3 >

 久しぶりのブログです。なぜ間が開いたかと言いますと...。

 少し前の話になりますが先月の13日、愛知県半田市岩滑にある「童話の森・新美南吉記念館」へ行ってきました。新美南吉という名前を聞いて、「ごんぎつね」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。「ごんぎつね」は複数の国語の教科書に掲載されていることから、小学生時代に作品に触れた方が多いと思います。

写真

 私が初めて「ごんぎつね」という作品に触れたのは、まだ小学校に入学する前のことでした。私の母親はよく絵本や童話の読み聞かせを私にしてくれました。それだけでなくアニメやマンガについても、作品は選別していたようですが、たくさん触れる機会を与えてくれました。また、ただ私に見させたり読ませたりするだけではなく、見終わった後に必ず私に感想を話させたりしました。今考えると私の母親は感受性教育に力を入れていたのかもしれません。

「ごんぎつね」という作品を簡単に説明します。

 ある日兵十(ひょうじゅう)という男が小川でうなぎを取っています。そこへいたずら好きの「ごん」というキツネがやってきて、そのうなぎを全部逃がしてしまいます。しばらくしてごんが村へでかけると、そこで兵十の母親の葬儀にでくわします。そこでごんは気づきます。兵十はうなぎが好きだった病床の母親にうなぎを食べさせてあげようと川にうなぎを取りに来ていたのだと。そして兵十の母はうなぎを食べることができずに死んでしまったと。ごんは後悔します。

 兵十は母を亡くし、寂しく一人で暮らしています。そこへごんは魚や栗、マツタケなどを持っていきます。魚はごんが盗んで持っていったものだったので兵十は濡れ衣を着せられてしまいました。それ以降ごんは山の幸を兵十の家へ持っていきました。罪滅ぼしでした。ある日、いつものようにごんが栗を兵十の家へ持っていきます。しかしそこで兵十に姿を見られてしまいます。兵十は、まさがごんが栗を持ってきてくれているとは思ってもみませんでしたから、いたずらギツネ退治のつもりで、銃でごんを撃ってしまいます。栗を持ったまま撃たれたごん。兵十はそこでごんが栗を持っていることに気づき、「ごん、おまえだったのか。いつも、くりをくれたのは。」とごんに声をかけると、ごんは頷き、息を引き取ります。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET