mobile ver.

ラシックには行っとかなきゃね...はい
(2005-03-31)

< ページ移動: 1 2 >

 私の助手でもあり彼女でもある相方が、

「サイトで名古屋を扱ってるんだから、やっぱり栄の新名所に行かなきゃいけないでしょ。」

 と言います。確かにそうです。名古屋で一番の繁華街と言えば栄。長年その地位は揺ぎ無いものでしたが、2000(H12)年、JR名古屋駅の真上に高島屋が進出し人の流れが名古屋駅へと向かうようになりました。栄のデパート達ももちろん黙ってはいませんでした。2003(H15)年9月には松坂屋名古屋栄本店が新南館をオープンして日本一の売場面積になりました。そして今度は三越です。

写真写真

 名古屋の三越は名古屋地場のオリエンタル中村百貨店として産声を上げ、その後三越資本を受け入れ「名古屋三越」となりました。そして2003(H15)年に三越本体と合併し、ようやく三越の直営となったのです。その年の11月、三越名古屋栄本店はJR名古屋高島屋に初めて売上を抜かれてしまいます。

 そこで、万博開幕の少し前3月9日に三越が新たな売場をオープンしました。全てがテナントで売場面積は約29,000平方メートル。地下1階、地上8階で170ものショップが入り、そのうち112のお店が名古屋初登場となっています。その名は「LACHIC(ラシック)」です。かつて三越の南側には、その前の道路にマジックグッズの露店がいつもあった駐車場と、繁華街の中にポツンと民家が数軒残されていた状態だったのですが、そこを買収することで三越は増床を果たすことができました。

 地下はパンやスイーツ、キッチン雑貨など日常をテーマにしたフロア。健康志向を反映してかサプリメントの専門店や水の専門店、健康創作お菓子のお店なんてのもあります。そして1階は4階までの吹き抜けになっていて、海外のショッピングセンターや街角を思わせる雰囲気になっています。もちろんブランドショップも入っていますが、ZIP-FMのサテライトスタジオや大垣共立銀行のインストアブランチなど変り種もあります。

< ページ移動: 1 2 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET