mobile ver.

実は初めて乗った岐阜の路面電車(下)
(2005-03-28)

< ページ移動: 1 2 3 >

 前回の続きです。新岐阜駅前駅を出発します。車内は廃線を惜しむ人で溢れ、「いつもこうだったら廃線にはならなかったんだろうなあ。」と、廃線になる直前の電車に乗ると必ず感じる気持ちを胸に抱きます。もちろん、廃線になるからこそこれだけ人が乗っているわけで、その矛盾が埋まることはありません。

 この電車は黒野行き。揖斐線の終点である黒野まで行きますが、新岐阜駅前から忠節までは路面電車の岐阜市内線、忠節から先が専用軌道となっています。路面電車の車窓から見る岐阜の街は、いつも自動車の窓から見る岐阜とは少し違っていました。いつもは自分で車を運転していますから、じっくりと岐阜の街並みを眺めるということはありませんでした。電車はそれほどスピードを出さず、広島の市電よりもかなり乗り心地は良かったです。そういえば広島の市電は、普段から座れないほどに人が乗っていました。岐阜と広島、何が違うのか...。

写真写真

 忠節に到着です。忠節はそれまでの、道路がペイントされただけの駅とは違い、立派に駅舎を構えています。駅員さんが常駐しているので、全てのドアが開き料金は駅員さんに支払います。忠節から先は専用軌道。電車はそれまでのゆっくりな運転が嘘のように、ハイスピードとなります。乗った電車は急行黒野行き。急行といっても飛ばすのは忠節の次、「近ノ島」とその次「旦ノ島」のみです。市内はもちろんのこと、専用軌道に入ってからも鉄橋や道路の至る所に、この電車を撮影しようとカメラを並べている人がたくさんいます。岐阜の市街地を離れ電車は勢い良く田園を走ります。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(5)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET