mobile ver.

すべての期待が叶わなかった−オリックス戦
(2015-06-07)

< ページ移動: 1 2 3 >

★バファローブルが来てた!けど...
★満塁のチャンスもあった!けど...
★勝利ナモ締め予定だった!けど...

 今季からは交流戦の日程が変わりまして、必ずしもすべてのチームがナゴヤドームにやってくるわけではなく、名古屋で見られるパ・リーグのチームはソフトバンク、西武、オリックスのそれぞれ3連戦の9試合となりました。

 その3チームとの対戦のうち、唯一の週末デーゲーム対戦となった、オリックスバファローズとの試合を見に行ってきました。この試合、3つの期待ポイントを持って見に行ったのですが...ことごとく...。

写真

燃えドラPOINT 満塁からのダブルプレー...

 ドラゴンズの試合を観戦に行って、一番の期待といえばやはり「勝利」です。この試合は、オリックスが金子千尋投手、中日がバルデス投手の投げあいで、序盤はどちらもあっという間に攻撃が終わる投手戦の様相だったのですが...。

 4回裏、ドラゴンズにチャンスが。森野選手、平田選手、エルナンデス選手の3連続ヒットで1アウト満塁。ここがこの試合で一番盛り上がったところですね。しかし、続く藤井選手がセカンドゴロのダブルプレー。

写真

 この試合、ドラゴンズは11安打で無得点。本当につらい試合でした。なので、燃えポイントといっても、結局は点を入れられなかったここになってしまうという悲しさ。

 あと、終盤8回裏、亀沢選手のヒットでここから...!とも思ったのですが...。森野選手も追撃するも、結局得点には届きませんでした。

写真

萎えドラPOINT 満塁からの押し出し...

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(1)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET