mobile ver.

負けなくて良かった...と思えてしまった巨人戦
(2012-07-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★やっぱり特別な思いのこもる巨人戦
★抑え相手に一矢報いた!
★ドアラは好調?不調?

 ナゴヤドーム15連勝をかけた試合を見に行ってきました。しかもそれは巨人戦。やっぱりどうしても、巨人相手には特に勝ってほしい、巨人には特に負けて欲しくない、そんな思いが湧いてきます。

 このナゴヤでの巨人3連戦、土曜と日曜のデーゲームは前々から全てチケット売切状態。さすが巨人戦ですよね。でも、そういう巨人だけ特別というメジャー感もまたイヤだったりして。その3連戦の初日、満員御礼の金曜のナイトゲームをレポートします。

写真

やっぱり人の入りが違うね

 試合開始直前のナゴヤドーム。既に熱気が違います。中日ファンの特にアンチ巨人な思いがふつふつと...というのもあるかもしれませんが、やっぱり、振り回す用のオレンジ色の雑巾...じゃない、タオルを持っている人たち多数。生粋の名古屋っ子でも、巨人ファンっていますものね。

 え?自分はどうかって?以前、他チームのファンだった頃から、打倒巨人の思いは変わりません。

写真

昨年は違うチームだった投手同士の投げ合い

 中日の先発は、今季古巣への復帰という形となった川上憲伸投手。一方巨人の先発は、昨年まで福岡ソフトバンクホークスにいた杉内投手です。FA権を行使してのジャイアンツ入り。昨年の日本シリーズでは、ドラゴンズを相手に第2戦と7戦に登場しましたよね。

写真

4回表[D]0-1[G] つながってやられた

 初回は互いに2塁までランナーを進めるものの、その後は投手戦の様相...でしたが、川上投手のピッチングはピンチも多く、進行が遅いことが気がかりでした。その川上投手がつかまり、試合が動いたのは4回表でした。

 阿部選手とパンダこと高橋由伸選手が連続ヒットで1・3塁とされたところで、エドガー選手の打球は、セカンドの堂上直倫選手のグラブに収まることなくセンター前へ。ジャイアンツが先制です。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET