mobile ver.

初回に4点!いよいよ王手-CSファイナル第4戦
(2011-11-06)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★平田選手が初回に走者一掃大きな二塁打
★ブランコ選手の高ーい当たりがあれよあれよ
★いよいよ日本シリーズへ王手

 パ・リーグは、ソフトバンクホークスが3連勝で日本シリーズへの出場権を獲得したこの日、中日ドラゴンズはアドバンテージを含めて2勝2敗の五分、勝ったチームが日本シリーズへの王手となる大事な試合を迎えました。チケットは全て完売。そんな満員のナゴヤドームに行ってきました。

 パ・リーグが、リーグ優勝を果たしたソフトバンクが日本シリーズに進出となったので、ドラゴンズが進出となれば、完全なる頂上決戦となるわけです。そのためには、まずは今日の1勝です。

写真

 この日の先発は、中日がポストシーズン初登板となる川井投手。一方、ヤクルトは赤川投手。赤川投手は、ドラゴンズがシーズン終盤の快進撃の最中に勝ちを挙げられなかった相手だけに不安がありましたが、初回いきなり払拭してくれました。

写真

1回裏[D]1-0[S] 先制はブランコ選手のタイムリー

 1回表、川井投手の立ち上がりは頼もしく、フライ、ゴロ、ゴロとあっという間に3アウト。そしてその裏、川井投手のピッチングに打線が応えてくれました。

 先頭の荒木選手が出塁すると、井端選手がきっちり送ります。しかし、続く森野選手がショートゴロかと思いきや、ルーキーの山田選手が悪送球。1アウト1・3塁となります。

 そこで、ブランコ選手がライト方向に先制打!初回に先制点という最高の形となります。

写真

1回裏[D]4-0[S] 平田選手の大きな3点

 さらに続きます。谷繁選手にフォアボール、2アウト満塁となったところで平田選手です。前日が12残塁という試合だっただけに、もう残塁は見たくない!と思った瞬間、あざやかに左中間へツーベースヒット!

 3人がホームに返る走者一掃の当たりで、4対0と、最近の中日ではあまり見かけない、大量得点ともいえる数字がスコアボードに輝きました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET